をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪湾展開幕

前々回のエントリーでご紹介した大阪湾の生き物に関する展覧会
「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」ブロガー枠招待に当選
昨日午後から時間をつくって見学してきた。

entrance
入口正面のディスプレイ、魚網、大漁旗、スナメリ

env
時計まわりに外周路を行くと右手に環境パネル、左手ショーケースに過去と現在の大阪湾図

dotabuka-display
天井から吊られたドタブカのはく製

center-isle
少し進むと右手に中通路が現れ魚網や魚類標本、貝類標本、成ヶ島の自然等の展示スペースが
奥に見える

kousien-yodo
左手外周路沿いにはまず、沿岸の自然「甲子園浜~淀川河口」・・・と地域別の湾岸解説
ショーケース足元にはそれぞれの地域を航空写真で連続表示しています

engan-display
外周路奥の展示、ところどころ水槽で生きた生物の展示が見られる

insects-shorephoto
砂浜の昆虫と泉南市・阪南市境を流れる男里川河口の写真パネル

funamushi
近年なにかと話題のキタフナムシ、フナムシの比較生体展示

makko-bone
2010年堺泉北港で見つかり骨格標本となった今回の目玉展示のひとつ、マッコウクジラ
3分割して搬入されたようです

dolphin
ハセイルカの骨格標本

sunameri
大阪湾で定住している小型のくじらスナメリの骨格標本

dotabuka-embryo
天井から吊られたドタブカから出たドタブカ胎児標本

gulls-osaka
大阪湾岸のカモメ分布とオオセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメの大中小形カモメ標本

seabirds-osaka
大阪湾で記録がある海鳥たちの仮はく製
左奥からオオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、フルマカモメ中列奥がアカオネッタイチョウ、手前が
ヒメクロウミツバメ、右列左がシロハラミズナギドリ、右がオオシロハラミズナギドリ

invader
外来生物

fishermans-table
岸和田の漁家の食卓展示

といった風な展示を観覧後、解説書(1000円)を買って帰路についた

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。