をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

反利尿作用の利尿剤

きょうで8月も終わり、何が何やらわからぬ間に夏は過ぎてゆく。

父が退院後も処方されているのはループ利尿薬の一般名トラセミド、商品名ルプラックの
8mg錠。腎機能に悪影響を及ぼさないので、腎不全がある場合には第一選択薬で腎臓の
ヘンレのループにおいてNaとClの再吸収を阻害する。浮腫を取る場合にはアルブミン
投与とループ利尿薬の併用が多用される。
問題は輸液による水分管理を離れて、アルブミン投与もなくなったあとにこの利尿薬による
利尿作用は持続するのかという疑問です。少なくとも父は脳血管疾患による失語で対話が
できなくなって、自分の意思を他人に伝えることができません。喉が渇いて仕方なくとも
更なる飲水を求めることができないのです。その結果意図せず脱水状態に陥るのか、それ
ともある特定の機序でこの組み合わせに脱水は必然なのか、医師でも薬学の専門家でもない
私にはわかりません。
利尿薬を8mgから4mgに減量した方が排泄尿量が多いことは既に書きました。
同じく中止するとどうなるか・・・4mgと同程度の排泄尿量があり、以前の排泄尿量の
9割程度の尿量が確保できるようです。 それだけではなく、血管内脱水が改善された
からか、あるいは電解質の微妙なバランス崩れが補正されたからか体調は今までで一番
落ち着いています。気になる心不全を悪化させないためにも循環血漿量を増加させないと
いう利尿薬使用は納得できるところですが、実際には利尿剤を使わない方が脱水その他
好ましい状況にあるという現実は、どの程度知られたことなのでしょうか?
医学分野はとかくエビデンスを尊重する傾向が強いと感じますが、実経験から学んだ知識
はどの程度次の治療に生かされるのでしょうか。
Web上には獣医師の治療記録として、ループ利尿薬と腎不全を伴う疾患では必ず脱水を
きたす旨の記述が見られます。
とにかく患者家族としては浮腫が軽減されることを望んでいたので、それさえ叶えばかなり
の満足感があるのですが、2か月半かかって却って状態の悪くなった父が不憫です。

※ 父には低アルブミン血症があります。アルブミンが低値ですと十分な利尿作用が得ら
  れず利尿薬単剤では浮腫が軽減されないことが多いです。そのためルプラックの利尿
  作用そのものに疑問を抱いているわけではありません。

PageTop