をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

心房細動

昨日まで順調に見えた父だが、朝透析中に左脚静脈でつまりが発生、心房細動を起こしたと
主治医より聞く。胸水は幾分ひいており、CRPは沈静化傾向を示すが依然として白血球が
高値を示し、これまで投与したモダシンに耐性が見られることから抗生剤の変更が必要。
バルプロ酸ナトリウム製剤により抗てんかん対応中の父には禁忌薬剤ながらメロペネムの
投与が有効と判断され、しばらく様子を見ることとなった。
貧血の端緒が消化管出血を否定できないため、これまで投与中止となっていた血行循環改善
薬プレタールも再開され、相乗作用で以前起きた肝機能障害、強直発作再発がないことを
祈るのみ。
なお今回の入院に際し、喀痰細菌培養・感受性試験が実施されたがMRSAの検出はなく
2週間の自宅滞在中の乳酸菌投与、あるいは抗生剤の菌交代現象で消えたらしく、そもそも
このような不確定要素を診療情報提供書に記載することの是非が著しく問われる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。