をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おしり拝見

おしり拝見とはいっても痔の診察ではなく、幼羽判断の方法のひとつとして紹介。

振り返って考えてみると、これまで随分と思い違いをしながらカモを見てきたなぁと
思う。シマアジの雄幼鳥をエクリプスとして記事を書いたり、昨年はかなり自信満々で
メジロガモ雄幼羽を雑種雄ではないかとしたかと思えば、メジロガモ雌幼羽をアカハジロ
雌幼羽と判断したりした。世間一般に通用している概念を個人的な観察で覆すようなこと
はかなり大それたことと感じるが、一定の既知の事実の積み重ねと類推からかなり正確な
結論を導き出せるはずだというのが自身の感覚。多分これからも間違いながらあせらずに
ゆっくり観察を続けるつもり。

acuta-mjuv-madt
前エントリで紹介したオナガガモ雄の幼羽・成鳥(右)の倒立採餌
両脚の間の腹部から下尾筒にかけて幼羽には密な縦斑が見える

acuta-juv
これがオナガガモ雄幼羽の正面倒立採餌

shoveler-juv
こちらはハシビロガモ雄幼羽の正面倒立採餌

teal-madt-mjuv
こちらはコガモ雄成鳥と雄幼羽(右)の倒立採餌
コガモの腹部は小縦斑に見えるものから大きな斑点状の腹部までかなり腹部の白さには
幅があって幼羽と判断できる縦斑か見分けられるにはやや慣れが必要かもしれない。
ただ判断は1点のみでなく複数の判断点を総合して行うものなので、何が幼羽なのかが
理解できれば一目で幼鳥判断は可能だと考えられる。
一般に幼羽の方が赤褐色の染まりが多いように感じるのは、染まりに対する撥水機能の
不完全さから来るのかも知れない。

teal-m-juv4
これが上の画像右側のおしりの持ち主、コガモ雄幼羽

teal-madt
こちらは同じく左側のコガモ雄成鳥
三列風切の形状はよく似るが幼羽より長め(成鳥も伸長時は短い)で外弁の白色羽縁は
更に少ない。幼羽では外弁のみでなく内弁先端にもやや淡色羽縁が認められる
雄の背から尾筒にかけての羽縁淡色部はあまり目立たず、頭部の過眼線等も雌ほどは
明瞭でないことが多い


teal-m-juv1
別のコガモ雄幼羽の倒立採餌

teal-m-juv2
水面で顔を浸けて採餌するコガモ雄幼羽

teal-m-juv3
この雄幼羽では脇に既に波状斑が出現している。波状斑は線が太く幼鳥特有のパターン。
成熟するほどに波状斑は細く白黒のコントラストが強くない滑らかなものに変化していく

なお、雌幼羽に関する記事は「2羽の幼鳥」にあります

雌雄の差はこのほかに嘴の大きさ・形のメリハリ・上下の厚みが薄いなどが雄に特有の特徴
幼羽か成鳥羽かを判断するのは、木で判断する方法・森で判断する方法いろいろあるように
思う。木というのは細部から森というのは全体からの印象のたとえ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。