をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャンプ傘修理

どんな傘を使い、どのくらい使い続けるかは人それぞれですよね。
学生の頃はよく電車に傘を忘れたのを覚えています。
愛着のないものは失うと戻ってこないことが多いですからね。

今使っている傘は20年ほど前に鉄道忘れ物大会で購入した100円傘。
紳士用のジャンプ傘で骨はカーボンファイバー製なのでしなやかです。
以来、電車に置き忘れることもなく、車内後部に置きっぱなしだったりで
一部クロスが日焼けして色あせしていますが、現役です。
昨年の強風時に何度も風に煽られては元に戻るを繰り返したので、クロス
の真下に密着している親骨を受ける、受け骨先端の金具が金属疲労で夏に
折れてしまいました。
ネットで修理用金具を探すと1000円程度かかります。それで近所の
洋傘屋さんに修理費用を訊くと800円ということなので、修理に出し
たのですが、その隣の受け骨金具も折損寸前でした。
それで直後に折れた隣の金具を工具で曲げ、針金で繋いで応急処置をして
使用していましたが、先日とうとう針金を固定していた部分も折れてしまい
もう一度修理に出すか悩んでいました。
それで修理用金具をまたネットで検索すると必要金具が4個入り160円と
いう商品が見つかりました。送料もメール便なら160円、計320円です。

その金具が本日午後に届いたので、早速旧金具を受け骨のファイバー骨から
ラジオペンチで取り外し(丁寧な仕事で取り付けられており、別の工具も
使用してやっと取り除きました)届いた金具に取り換え、ハトメピンを通し
出っ張りをかしめました。 結果、使用良好で飛び出た受け骨でクロスを
貫通させる心配がなくなりました。

最近は使い捨てのビニール傘を使う方も多いようですが、少々高くても最初
いいものを買って修理しながら長年愛着をもって使うのがいいですよね。
靴なども高級品を長く手入れしながら使う方が結局安上がりだったりします
が、私は働いていたときのごく後半に一時期、高級靴を履いた以外は安物
ばかりだったので、履きつぶしてます。傘も多分高級品なんでしょうが、
忘れ物を100円で購入したものを、修理して使っているのですから、ケチ
臭いことせんと、新しいもん買うたら?となるのでしょうが、個人的に修理
して使い続けるのが好きで、身の回りはそんなセミアンティークばかりです。
根っからの貧乏症なんでしょうね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。