をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

尋ね鴨

昨日の記事に反するが、最近この2月に見たカモじゃないかというカモに
遭遇した。

まず最初に説明しておいた方がいいと思うことに、私がこれまでどの様に
見たことがないカモを頭の中にイメージしてきたかということ。
図鑑だけでは見ることができない非繁殖羽の画像や幼羽、その換羽過程等
簡単に入手できない画像は極力ネットや外国書籍等を参考にするが、依然
として実体の掴めない年齢や羽衣の画像は近縁種等の例から類推してその
空白を埋め頭の中で立体的にマッピングしている。
ところがこの2月のメジロガモ雌幼羽に遭遇した際には、アカハジロの雌
幼羽でも脇の白色食い込みが未発達でメジロガモに近い外観だと勘違いし
思いこみをしていました。
つまり自身の頭に構築されたマッピングの一部に勘違いがあることに気づき
その下流部分が崩れ去りました。その後新たな目で見直してみると、あの
幼鳥はやはりメジロガモ雌との判断が最も相応しいと考えています。

その後、その記事で触れた淀川でのメジロガモ雌の画像も見せて頂くことが
できました。観察者は日本でクビワキンクロ雄初観察報告の記録に名を連ね
る方でしたので確かなものです。そのときは雌成鳥かと考えましたが、多分
第1回繁殖羽の雌だったように思います。
「レンジャクが導いたメジロガモ雌幼鳥」

nyroca-female-left
問題のカモ左側面

nyroca-female-1s
同じく右側面

nyroca-f-swim
勢いよく泳ぐ問題のカモ 風に流されやすく1羽だけ流されては戻るを何度も
繰り返していました

nyroca-f-front
前面

wing-flutter
羽ばたき、腹部に幼羽は認められない

with-ferina
ホシハジロ雌と

with-tufty
キンクロハジロ雌に追われる

chin-whitespot
腮の白斑

以上の画像から、このカモは2月に堺市北区の池で観察したメジロガモ雌幼鳥が
さほど離れていない別の池に戻ってきたものと考える。
2月にいた池には現在のところ水面採餌ガモしかいません。今回の観察は半日だけ
でしたので、堺市周辺、大阪市南部、松原市、大阪狭山市等で今後観察の可能性が
高いものと思います。摩耗した非繁殖羽がかなり残っていますが、今後の換羽により
背は黒っぽく、脇は褐色味が強くなり、頭部もやや赤茶色が増すと考えられます。
背や脇にはホシハジロのような星模様…波状斑がありません。白っぽいのは摩耗羽。
小形で下尾筒の白い潜水するカモに注意してください! できればご連絡願います

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。