をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カンムリカイツブリ雌雄成鳥

スズガモ属のカモ観察池のカンムリカイツブリの画像は先日紹介し、
カモと同じく偶発的に飛来する鳥は幼鳥が多いと書いた。
ここ履中陵にはここ数年同じカンムリカイツブリが飛来していると
考えられ、一部は幼鳥時飛来した池を覚えているようだ。

gcrested-grebe-female
先日紹介した雌は幼鳥だったので頭・頸部に縦縞の名残が見え、この個体に
見られるような頬のエラがなかった。冠羽もはっきり大きく成鳥雌冬羽と
判断できる。

gcrested-grebe-pair2.
成鳥も雌雄で大きさがはっきりと違い、雄が大きく、脇羽が黒っぽくない。(右が雄)

gcrested-grebe-pair
向かい合う雌雄(右が雌)

mallards-etc
先日まで別の群れにいた雄化雌が別群れに合流、カシの実=ドングリを
潜水採餌している。 墳丘辺縁部にはアラカシ、シラカシ、ウバメガシが
多く見られる。秋から初冬にかけてはオシドリ・マガモが主にこれらの実を
潜水して、水底のドングリを食べる様子が風物詩となっている。
同じ濠のカモ観察記録では魚食としているが、そのような事実は極めて稀。

mallards-diving
一番奥のマガモ雄が倒立採餌しているのが見えるが、墳丘岸近くでは倒立する
だけでどんぐりが食べられるが、枝は1m程度水面に張り出しているので潜水
採餌しないと大半のドングリは食べられない。潜水継続中のマガモ雨覆は露出
したままとなっている。

聞くところによると、近々松の木を残して濠の堤に生える樹木を伐採するという。
アキニレ等カワラヒワやマヒワが多くその実を食べ、風に散った実はカモ達が
水上で啄ばむ姿もしばしば見られる。墳丘の広葉樹の森同様、濠の堤に生える
木々もまた古墳の外観に趣を添えている。松の木ばかりが盆栽のように並ぶ姿は
果たしてあるべき姿なのだろうか?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。