をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

雄繁殖羽の兆し

池のヨシガモは12月3日に最大羽数16羽となり、雄は現在成鳥3羽
幼鳥2羽の5羽。この2日ほど隣接池のカモが合流しておりハシビロガモが
一時的に優占種となって本日75羽、うち5羽が完全に繁殖羽に移行した
成鳥雄。

yosi2.
11月11日にご紹介したヨシガモ雄幼羽。ここまで変化しました。
目の後方にやや緑色を感じる部分があり、目の周囲が黒っぽく見える。
胸のメッシュ状の羽衣がⅤ字状に変化してきている。

yosi1
上背の肩羽に波状斑が見える

yosi3
過去にも脇の喫水線付近から換羽部分が見えてくると書いたことがあるが
ここでも黄緑丸内に波状斑が見える。腹部の波状斑はなんであるのか疑問。

カモの幼羽雌雄がいつ頃から判断できるようになるかは、実のところ種に
より、個体により異なるのではっきりとは言えない。
しかし、この画像でも大半の方が雌と判断する画像でしょうし、図鑑でも
細部の波状斑を見落として雄幼羽を雌としているものを見受けます。
初回の換羽が終了しないと雌雄は判断できないといった曖昧な記述で判断
基準を煙に巻いている場合もあるが、場合によっては幼綿羽時点で雌雄が
判断できるものもいる。

PageTop