をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

我がフィールドのカモたち

常時カモのカウントをしている池のカモは最大飛来時の3分の1、70~80羽で
安定越冬しており、特にヨシガモの移動はほぼなく同一個体が安定して見られる。
隣接池のハシビロガモが多数流入して以来、しばしばハシビロガモが優占種となる
場合もあるが、ヒドリガモがグンと減少し幼鳥率は2割程度に減少した。
成鳥雄のヨシガモの繁殖羽移行完成率は100%、ハシビロガモで40%、ヒドリ
ガモで90%といったところ。 こう書くとヒドリガモの繁殖羽移行がヨシガモに
比べて遅いと思われそうだが、他の場所も総合して判断すると結果は逆でヨシガモ
成鳥の換羽進行はヒドリガモよりやや遅く、トモエガモ同様に遅い部類に入る。

falcated-m-juv
前回記事の画像より更に第1回繁殖羽の雰囲気が濃厚になった、雄幼羽。
成鳥の換羽進行と比較して、マガモ属の雄では頭部を優先的に換羽している
印象が強いが、あくまでも傾向としてあるというだけで個体差が強い。
以前考えていた、額に見られる白色丸斑が幼鳥で大きくぼんやりしていて、
老熟した成鳥ほどくっきり小さいというのは誤印象であった。

falcated-f-juv
こちらは随分と第1回繁殖羽に移行してから飛来し、幼羽の印象がないままに
いつの間にか常連さんになった雌のほぼ第1回繁殖羽(手前)、奥は成鳥雌。
三列風切が幼羽のままなので、2~3月頃に脱落、換羽すると思われる。
以上2羽のヨシガモ幼鳥は、カウント開始時には飛来していなかった。

shoveler-f-juv
ハシビロガモとヒドリガモはカウント開始時点で雌雄の幼羽個体が確認できた。
ハシビロガモは雄幼羽個体がずっといたが、雌幼羽は長くどこかに行っていた。
最近またハシビロガモ雌幼羽個体が確認できるようになった。 わずかに第1回
繁殖羽に移行しているのがわかる。(白い羽縁の肩羽など)

その他、マガモ・カルガモ・コガモ・ホシハジロなどが隣接池の都合で時折飛来
するが数は多くない。

履中陵のオシドリは樹木伐採の見積もりに係る人的侵入や猛禽の影響で減少し、
併せて8羽まで増加していたトモエガモも一時、恐らく仁徳稜内濠に避難した
と考えられる。世界遺産への古墳登録の機運が高まって以来、具体的には誰が
どのように関与したかは不明ながら、カモ達の古墳濠への渡来環境は年を経る
毎に悪化し、履中陵外堤の樹木が伐採されれば、壊滅的打撃を受けることは
想像に難くない。それでもなお、古墳に渡来するカモ達を見ることを楽しみに
している方達も少なくはないと思っている。
父は一旦退院後体調が好転したので、透析のアクセスを鼠頸部から頸部固定の
管に変更、酸素吸入も必要なかった。最近は転院か退院の上通院での透析治療
の判断を迫られており、諸々の経済的事情や入浴、納得できる介護を追求する
と退院の上、送迎付き透析機関を見つけて通院するのが最良と判断。病院紹介
の施設では満足できる機関が見つからず、随分個人的に探した。年末・年始と
いうこともあって、退院は年明けということでお願いしたが、昨日頃から酸素
吸入を再開、微熱もあるようで気がかり。母の状態も相変わらず目が離せず、
自治会の役員にまつわる雑用も結構あって、クリスマスや年越し気分なんて
我が家には無縁です。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

PageTop