をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

ヒドリガモの糞被害~京都西京極競技場

憤懣本舗というTV番組で映った陸上競技場の糞被害。
陸上トラックに点々と散らばる緑色の糞を見た途端、これは夜間飛来するヒドリガモが原因で
その数は約100羽だろうと推定した。
番組の展開はその後、糞の主は、今年が異常に多い理由はと進み、鳥学会JOGAの世話人も
務める須川氏が登場、糞の主の特定、昨年の嵐山付近桂川の氾濫が生息域の雑草を押し流した
ことなどが、競技場の芝を採食するようになった理由と推定、一過性の出来事と考える・・・
と放送された。
しかしながら、どのように対処するかといった対応は放送されず、グラウンド管理人さん達が
脅し鈴や糸を張る程度の対応しか見られず、ヒドリガモが青草を好食する習性から芝部分を
夜間シートで覆えば被害がなくなるだろうことには触れられず。たとえ昼間でもグラウンドが
使用されない時間帯があり、人間がグラウンドに立ち入らない時間帯があるなら、同様の対処
をすべきだろうと思う。もっとも美観を少々損ない、路面が多少スリッピーになること以外は
根本的なダメージを負うほどでもないように思えるが・・・。

※ 既にシートで覆う対策は実施されたようだが、主競技場・補助競技場といった隣接施設の
芝は同時に覆わないと片手落ちとなって、効果がでないのは当然のこと、手抜きは不可。

PageTop