をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

モンゴルセグロカモメ第2回夏羽

記事作成時タイトル「ウミネコ雑種」

鳥を観察した場合に考えうる誤認の原因として…

 1.知識不足のため正確な種判断ができない
 2・時期による羽衣変化のため知っている外観とは異なる
 3.未知の種であるために、無理に既知の種として判断した
 というようなことが考えられるが、経験値の多くない鳥種では全て該当してしまう。

ここで挙げるウミネコ雑種も大きく見当を外している可能性があるが、外観から考えて
ウミネコの血統を感じつつ、大きさ、背の色、脚色が異なるため雑種だと考えた。

umineko-zatsu-right
推定ウミネコ雑種 左側の個体、右はカモメ成鳥
背の色はセグロカモメかユリカモメ程度の薄い目の灰色でオオセグロカモメに近い
ウミネコよりは随分色が薄く、ウミネコ等の中形カモメ的判断だと第2回夏羽、
セグロカモメ等大形カモメ的判断だと第3回夏羽様の羽衣。脚色はピンクであるため
第2回夏羽の薄い黄色では合致せず、かといってセグロカモメの第2・3回夏羽の嘴
とは考えられない黄色味の強さを示す、赤斑も明瞭であることから先端も赤味が認め
られればウミネコ的嘴。ただやや太短い。

umineko-zatsu-left
ウミネコとして考えれば第2回夏羽付近が相当羽衣と考えられるが、翼上面の褐色味が
少なく大形カモメの第3回夏羽翼上面パターンに近い気がする。年齢的にミラー出現は
まだなので、ミラーの有無は判断要素にはなりえない。

umineko-zatsu-takeoff
先頭で飛び立つのが該当個体。ちょうどルアーの釣り人が堤防上を歩いたので2度3度と
飛ばされてしまい、最後はユリカモメが10数羽残っただけでした。

umineko-zatsu-fly2
一般的な大形カモメのこの齢としては異例なほど尾羽の黒帯が濃く、明瞭なのでウミネコ
要素が強いのは疑いのない事実。ただ、背の色から判断すると、もう一方の親は背が薄い
種の大形カモメが考えられ、どれが該当するのかわからない。右側が該当個体。

カモメを観察中にイソヒヨ君が間近に降りた。
isohiyo-v
ノートリでこの大きさ。最近は内陸部での観察も多いがやっぱり海で見るオスは美しい。
さえずりもきれいなこの鳥は最初は憧れの鳥でした。

isohiyo-h
更に近寄ってきてこの時、距離は1.8m最短撮影距離内に入ってきます。
そのあとポロっとペリットを吐いて、私が座る堤防の30cm横まで来て、私をしげしげと
見つめています。もはや飛ばしてしまうのが気の毒で、こちらがじっとしてマンウォッチング
されてしまいました。

最後に、蜃気楼は夕方観察に向かいましたが風が強く、視界は好適でしたが、不発でした。
akasi-oohashi
あまり強い変形ではありませんが、明石海峡大橋のメインケーブルの橋桁付近に歪みが出ています。
強いコントラスト補正をかけていないので、画像確認しづらいですね。

※ このカモメについては当初ウミネコ雑種としておりましたが、最初に抱いた印象が
強すぎて、モンゴルセグロカモメを対象外と考えていましたが、あらためて白紙状態から
判断しなおすと、モンゴルセグロカモメで問題ないように感じます。
夏羽の外観についてはウミネコ以外のカモメで多くを知ることが難しく、想像や外国画像
によって補完している部分があります。
この辺は他の鳥種でも変わりないのですが、今回のこのカモメについては韓国のサイトで
近い外観のカモメを見つけ、その画像がモンゴルセグロカモメであると過去にコメントを
されていた画像なことから、最終的にモンゴルカモメの第2回夏羽移行中と判断しました。
初列風切先端の白斑、ミラー出現がないこと、雨覆の灰色羽被覆部分の面積から考えると
第2回とするのが相当で、嘴の黄色に関しては濃いものの夏羽時には鮮やかさが増すもの
と考え、逆に尾羽の黒帯の濃さは冬羽を残していると考えれば合点がいく。
昨年3月のオオセグロ画像にコメント頂いた方やtaimyrensisさんのコメントに感謝です。
これは大和川ではありませんが、多くない大形カモメ中に成鳥、第2回、第1回と3羽の
モンゴルセグロカモメがいたことになり、春3月・4月頃の移動群にはタイミル系黄色い
脚のカモメもモンゴルセグロカモメも多いのかなという印象です。
付近にいたホシハジロ20羽ほどの性比も冬季とは異なり3:17で雌優位と変化しており
渡去前のモンゴルを正確に判断するのも難しいものの楽しさもあるなと感じます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。