をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

脚が黄色いセグロカモメ

大形カモメであるセグロカモメには移動期、特に春頃の群中に脚が黄色いか
黄色っぽい個体を観察することがしばしばある。
これらの脚が黄色いカモメがキアシセグロカモメであれば話はすごく簡単な
わけだが、現実はそうでなく、以前からその正体について議論されているのが
雑誌や論文に見ることができる。

結論から先に言えば、これら黄色い脚のセグロカモメの正体は‘taimyrensis‘
カモメ識別ハンドブックではタイミレンシスまたはタイミルセグロカモメとされ
日本鳥類目録第7版では恐らく無効なタクソンとして記載がないか、その雑種の
 ※ 無効なタクソン(taxon,複数形taxa)=分類群
片親であるホイグリンカモメをヨーロッパに分布するニシセグロカモメの亜種と
してニシセグロカモメ(英:Lesser Black-backed Gull、 学名:Larus fuscus heuglini
で掲載している。その結果、このようなセグロカモメ vegaeとホイグリンheuglini
の中間的特徴をもつ‘taimyrensis‘は公式にはニシセグロカモメと記載せざるを
えない状況となっている。(あるいはセグロカモメとする。)
日本鳥類目録第7版の記述は近年ホイグリンカモメを独立種として扱う流れに
逆行しているだけでなく、Lesser Black-backed Gullが亜種graellsiiまたは
intermediusに与えられた英名であり、 基亜種fuscusにはBaltic Gullが、
ホイグリンカモメにはHeuglin's Gullがコリンズのバードガイドで示されており、正確な
理解という点で問題があるという指摘は免れ得ない。

tai-1-1
4月5日 大和川
この大形カモメの脚は黄色でなく、やや橙色味を帯びたピンクであるが、魚の死体を
つついている大形カモメの多くは脚が黄色いか、こういった外観の大ぶりのカモメです
翼端黒色部は通例7枚以上認められ、タイミルセグロカモメの要素を感じます。
縄張り意識が強く、攻撃的な要素が特にオスで強いことが感じられます。

tai-1-2
上と同じ個体、同日  頭部は白く後頸の斑もこのようなお辞儀姿勢をとらないと確認
しづらいが、点状ぼかしのかかったような、どちらかというとセグロカモメ的斑が認め
られ、この点でやや容易にモンゴルセグロカモメと区別できる。
『日本における足の黄色い「セグロカモメ」成鳥の観察と識別』 雑誌Birder.1996.4
ホウゲンドウルン、モーズ、森岡照明の写真13にあるのと同様の個体

tai-1
3月11日 大和川 黄色っぽい脚、嘴に黒斑は多くのこれらカモメに見られる 

taii2-fly
上と同一個体の飛翔 翼端黒色部8枚

tai408
4月8日 大和川 上流から流れてきた油揚げ2枚を丸呑みするカモメに油揚げ

tai408w2
上と同一個体 翼端黒色部右7枚

tai306
3月6日 大和川 ベージュ色味のある黄色い脚、嘴の黒斑はなし

tai306w
上と同一個体 翼端黒色部7枚、後頸の斑は鋭く密にあり

tai408w
4月8日 大和川 別個体 翼端黒色部7枚

tai412
4月12日 大和川 この個体も翼端黒色部7枚でした
ミカちゃんは何かもめ?につづく


mika-412
夕暮れの水面にたたずむ有名なミカちゃん大和川 4月12日 フナの食後

mika-412w
17年目の渡来になるというミカちゃん、一部図鑑ではキアシセグロカモメとして掲載されているが、
この時期後頸に斑が残ることなどから、これもタイミルセグロカモメの1型と考えてよさそうだ。 
翼端黒色部8枚

mika-disp
3月8日 求愛行動をとるミカちゃん(右側)
越冬地での求愛行動はこれまで、セグロ、オオセグロ、タイミル、ウミネコ、ユリカモメで
観察しており、渡来後17年も経過しているミカちゃんが老熟してもなお盛んであることが
うかがえる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。