をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

経年劣化

台風による大雨で各地で大きな被害が出ていますね。毎年のこととはいえ、被災された
方が多くないよう祈るばかりです。
カワウのセミナーを聞きにでかけたり、鳥見もしないことはないですが、母の状態や
今後の生活を考えるとやはり気が重いです。
父の介護と仕事の事情で職を離れて10年以上、交友も生活にまつわる消費も極力
避けていたので、アルバイトとはいえ社会に出ると、忘れていた色んなことが見えてくる。
現役時代は細身でいくら太ろうとしてもできなかったが、父の介護時に火事場の馬鹿力
を必要とすることが多くなり、次第にがっしりした体形となり、腹も出た。
体重は最大で20kg増加したので、シャツやスーツはまるで入らなくなってしまった。
靴のサイズは大して変わらないが足囲が増えた分、タイトな革靴やランニングシューズは
同じく入らなくなった。それ以上に歳月の経過を物語るもの・・・

sneaker-broken-pu1
k-swissのレザーランニングシューズ、ミッドソールが粉を吹いたようでひび割れしている
ランニングシューズはアシックスを常用していたので、フォルムが気に食わず、また
通気性の面もあって押入れに保管したままでした。

sneaker-brken-pu2
指で押すと、不出来な落雁の如く崩れ去る

sneaker-broken-pu3
この通りアウトソールの合成ゴムとアッパーを残して完全に崩壊してしまいました

business-broken-pu1
こちらは国産のビジネススリッポンシューズ。
踵が積み上げ革製のヒールブロックに見えるが、上のスニーカーと同じくポリウレタン製。
アウトソールは恐らくデザインからマッケイ製法で取り付けされているので劣化はないが
履くには踵を2000円程度かけて取り付ける必要がある。

business-broken-pu2
靴の下にある黒いテープ状のものは革積ヒールにみせかける化粧テープ。
これでポリウレタンを巻いて革製に見せている

business-broken-pu3
すっかり踵がなくなった靴
発泡ポリウレタンはクッション性に富み、短期の使用で崩壊することはないが、新品保管でも
3~5年以上保管するとひび割れや崩壊を起こしやすい。
このようなポリウレタンの性質はスキーやバイクのゴーグルスポンジでも経験することなので
知っていれば、長くは使えないと認識しているものだが、国民生活センターの報告によると
意外に知られていないことのようだ。 この靴達を見ていると社会から一定時間隔絶されて
生活していた時間の長さに思いが至り、SOLEは崩壊してもSOULは失くさないようにしたい
ものだと思う。

つづきで靴の改造リサイクルへ


loafer-brokensole1
REGALの英国製スェードローファー
幅広のラストで気に要らなかったが、クレープソールということもあり鳥見でも履いた
ところが生ゴムが溶けたり、黒くなって硬くなったりと扱いの難しいソール素材でもある。
REGALのサイズは23.5cm、英国製靴は5インチハーフ、米国製靴は6インチのE
ワイズ。JMウェストンならCワイズでした。小さくて幅狭なのに・・・

loafer-brokensole2
溶けたクレープソールはまるでトリモチ状態で、乾いた雑草や小石なんでもくっつきます
ハーフソールにゴムシートを貼って防止してましたが、大きな石がミッドソール貫通です

loafer-brokensole3
踵も減っているので、ダイナイトソールにオールソール交換に出すつもりです

heel-cut1
オブリークのスクエアトゥデザインの靴
私の足はギリシャ型で親指より次の指が長く、次第に短くなる形です。
そのためラストは合っているのですが、ソールの接合がセメント接着なのでマッケイの
様に頑丈ではありません。(場合によりますが)
白いテープに沿って踵をカット、今流行りのビジネスサンダルに改造しました

heel-cut2
カットラインが汚いですが、カット面に色をのせ樹脂で固めたらそれなりに見えます。
大体、2000円から7500円で買えるのですが、不要な靴があったら作ってもいいのでは?

PageTop