をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

最終更新

近所のカモを見始めた頃、ヨシガモはとても見たいカモでした。
古墳の濠はヘドロ化していたり、池には見慣れたカモばかり・・・
そんな時、現在主に観察している池で、ヨシガモ雌がいるのを見つけた。
もう10年以上前のことです。待てば雄もきっと現れる。そしてエクリプス
観察の機会も訪れるだろう・・・そう考えて変化するはずのない雌が雄の
姿になるのを待ったものでした。
ほどなくして、雌雄の違いが理解できるようになっても、完全エクリプスの
ヨシガモは見られず、既に一部が繁殖羽に移行した個体ばかりでした。
連続渡来していた体格の大きな雄成鳥が来なくなったかわりに、その見
たかった雄エクリプスが今季は見られました。

見慣れた顔なじみの雄成鳥が見られなくなったのは、残念ですが、秋が
訪れる度に、その秋は前の秋ではありません。個体構成も変わり、天候
の特徴も年毎に違います。同様に、私も今は生活の基盤を第一に考え、
ブログ再開がいつになるか不明ですが、休止が最良と判断しました。
また、環境に変化がありましたら、臨時更新もありうるかも知れません。
それでは、皆様とはまたの再会のときまで、一時お別れです。
どうも、ありがとうございました。

※ コメント・トラックバックは受け付けない状態にします。
過去に頂いたコメントは、再開時まで非表示状態となります。

falcated-m-juv
今季芦ヶ池に渡来した3羽目のヨシガモ雄幼鳥
顔の前部と喫水線付近より下が鉄分で赤茶色に染まっているが、換羽により
第1回繁殖羽に置き換わった羽は、もはや染まりが抜けている。
※ 今季で8年目になる雄成鳥は遅れて渡来したのが確認できました。

 更新停止の重大理由のひとつ、シャッター不良が改善しました。
シャッターを切ったあとミラーが上がりっ放しで次のシャッターが切れない
理由は以前に使用していたFUJIFILM機ではシャッター寿命と電池電圧の
充電不良や不良電池の混入による電圧不足が原因でした。
今回もそれと同じ現象で、レンズを他のレンズにしても現象は消えなかった
ので、原因はボディー側にあるのは明白でしたが、接点改善等の対策を
しても現象が持続したのでやはりシャッター寿命が原因の可能性が高いと
考えていました。ところが本日マウント座金を旧機種のものと入れ替えたり
しながら様子をみてみると、元の座金にして位置合わせをしたところ、明白
に現象が消えエラーが出なくなりました。電気接点ではなくマウントの位置
ずれが主因だったようです。どちらにせよ、しばらくは更新できませんが、
折を見て更新できるものは、更新する予定です。 11月8日追記

PageTop