をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

似てるぅ! 5

・ 嘴元白斑の出現あるいは顕在化 (成鳥要素)

オシドリ雌成鳥の繁殖羽では、特に老成したものほど顕著な白斑が嘴基部の
目先に存在すると書いた。頭部に出現する模様には、何らかの意味をもつ事が
多く、加齢によって顕在化するもの、逆に消退するものとがあって、雌雄や時期
による換羽影響に左右されることもあれば、斑の出現に優劣関係があって雄の
繁殖羽に構造色をもつ種では斑を被覆して、見えなくなるのが一般的。

スズガモ属のオスは繁殖羽になると黒っぽい頭部で金属光沢のある構造色と
なる場合が多い。嘴の基部に白斑のあるのはスズガモの雌と覚えている方も
多いが、オスの幼羽期にも大抵の種類で存在する。 ところが、オスには上で
書いたように金属光沢のある羽毛が頭部を覆うにつれ、その成鳥の証である
斑が隠されてしまい、代わって金属光沢が出現すると理解したい。そうすれば
ぼんやりした白斑がくっきり顕著な白斑となるスズガモ雌の嘴元斑が成鳥判別
の手段となりうることが、理解頂けるかと思う。

雁類では
Anser albifrons マガン
Anser erythropus カリガネ
Anser cygnoides サカツラガン  など

白鳥類では、白斑に代わって
嘴基部がピンクから黄色になる・・・コハクチョウ・オオハクチョウなど
嘴の色がピンクから橙色になると同時に瘤ができる・・・コブハクチョウなど

ツクシガモ類では
Tadorna tadorna ツクシガモ
Tadorna ferruginea アカツクシガモ
Tadorna cristata カンムリツクシガモ
Tadorna tadornoides クビワアカツクシガモ
Tadorna variegata クロアカツクシガモ
ツクシガモ類の幼羽では嘴基部が白いことが多い。優劣要素によりこの類では
雌性指標として機能している場合が多い。

マガモ属
雄幼鳥が第1回繁殖羽を獲得する際嘴基部が構造色とならず、白っぽいまま
だったり、褐色羽毛のままだったりするのは、この特徴の名残と考えられる。
一方、嘴元の白斑に限らずくっきりした白斑をオス繁殖羽のデザインに取り入れた
種も珍しくない。

Anas platyrhynchos マガモ 頭部全体が構造色に覆われること自体オス。
                      白い首輪もオス要素
Anas querquedura シマアジ 白い眉斑は雌の眼鏡白斑が誇張転意したもの
Anas formosa トモエガモ 巴模様と胸部の境界には首輪がある
Anas falcata ヨシガモ 黒い首輪
Anas acuta オナガガモ 白い頭側線が頸側まで後退した白線
Anas penelope ヒドリガモ クリーム色の額~頭頂斑
Anas americana アメリカヒドリ 白色の額~頭頂斑

ホオジロガモ属
Bucephara clangula ホオジロガモ 頬の白斑
Bucephara albeola ヒメハジロ 耳羽上から後頭部にかけての白斑

シノリガモ属
Histrionicus histrionicus シノリガモ 嘴元白斑

ビロードキンクロ属
Meranitta fusca ビロードキンクロ 目尻の三日月白斑
Meranitta perspicillata アラナミキンクロ 前頭白斑

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。