をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

日本のカモ識別図鑑届く

zukan-ducks
新刊 決定版 日本のカモ識別図鑑 氏原巨雄・氏原道昭 著 誠文堂新光社

前回記事で大阪の書店店頭には発売日に並ばなかったと書いたカモ図鑑。
その後の検索で本日には大阪市内の大手書店や近郊の大型書店に出回り始めた
ようです。紀伊国屋書店本店や旭屋書店りんくう泉南店では店頭在庫が確認でき、
我が家にもお昼前に千葉県市川市のアマゾン配送センターからゆうパケットで配達
されてきました。

後出しジャンケンのようで、今さら書くのも変だが公開されていなかったコガモと
アメリカコガモの識別点が三列風切に存在するとか、ヒドリガモ幼鳥雌雄の簡易
識別が後列肩羽で可能だとかいうのが、思っていた通りの記述だった。
何より側面画像と飛翔画像で目次を視覚的に構成するなど、類書には見られぬ
配慮の行き届いた気配りと内容の信頼度は群を抜いて高い。 初心者から長年
観察を続けているベテランまでをも唸らせる内容は見事というほかない。

これまで色素異常や雌の雄化など一般には浸透していない知識の解説にはとても
苦労させられたが、これで一定の根拠が示せるようになった。我々ヒトにも男・女、
子供・大人・老人がいるわけだから、これまではそれらをいっしょくたにしていたのが
問題でした。私自身もこの図鑑から得るところは多数あり、一気に半時間で読んだ
内容を今後じっくり確かめていこうと考えています。長年待ち焦がれた図鑑の到着、
期待を裏切らない内容に喜びを感じています。 フィールドのカモ達のみならず雑誌・
図鑑・論文のこれまでの記述を検証してみるのも面白いですよ。
これまで得られなかったカワアイサ亜種の貴重な記述も掲載されています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する