をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Mongolian Gull

先日アメリカヒドリ雌の確認に行った際の画像

mongolian-1st
ユリカモメ第2回冬羽と並ぶモンゴルセグロカモメ(キアシセグロカモメ)第1回冬羽後期

mongolian-1st-starttofly
飛び立つモンゴルセグロカモメ(キアシセグロカモメ)第1回冬羽後期 11月10日
初列風切黒色部が7~8枚黒い、ほぼ初列風切が換羽済みであること。
加えて尾羽の黒帯が狭く、両外側尾羽基部に斑がないことを満たしていました。
同じ頭部が白いのでも、タイミル等ホイグリン系統のカモメの換羽が遅く白いのと
モンゴルの早くて白いのとでは正反対です。カモで言うならオカヨシガモとシマアジ
くらいの換羽進行度の差があることを知らないといけません。

mongolian-2w
ウミネコとモンゴルセグロカモメ(キアシセグロカモメ)第2回冬羽 11月7日

カモメを見る方たちを川べりで見かけることが増えてきました。
そろそろ絵合わせの鳥見から換羽・羽の外観特徴を元に絵と絵の中間の状態や
鳥体各部の特徴から推理・考える鳥見に移行しませんか?
丸々イラストそっくりの鳥や写真と瓜二つの鳥はそうそういませんよ! 
考えて、閃く・・・この思考の繰り返しが鳥見をより楽しくしてくれると思いますけど・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

のみやさんへ

第1回冬羽は11月9日撮影です。
カモメもカモも以前よりずっと情報が多く入手できるようになりました。他人にどうのこうのとアドバイスできるほどのものはありませんが、何かが違うと気づくことが大事です。
そういった意味であとは知識の整理によって自らの経験と知識の擦り合わせができると価値あるものになるように思います。
フィールドの観察を重要視しているのみやさんなら、飲み込みは早いと思いますから、一度に詰め込もうとしないことが、却って近道のようですね。

Shin's | URL | 2015年11月30日(Mon)00:04 [EDIT]


 いつもお世話になります
その日 結局私はモンゴルちゃんと見つけてなかったです
写真を見なおしてみても それらしきのが写ってるような写ってないような^^;

 何を見るべきかというのはわかってきましたけど、知識と現物との見比べが難しいですね
そのうち「ふっ」とそれが見えてきたら楽しいのでしょうね

のみや | URL | 2015年11月27日(Fri)23:10 [EDIT]


秘密コメントさんへ

ご指摘ありがとうございます。
幼羽から第1回冬羽への換羽についてはよく知りませんので、別途メールさせていただきます。

Shin's | URL | 2015年11月27日(Fri)09:19 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015年11月26日(Thu)22:27 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。