をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

大阪湾岸ミミ注意報

昨シーズンコミミズクが大挙して河川敷で長く観察された大阪。
そんな大阪でこの冬はこれまで観察機会が非常に稀だったミミカイツブリの観察が
あいついでいる。少なくとも3個体が大阪市・堺市で目撃され、状況からもっと多くの
個体が大阪湾内に滞在している可能性がある。
話題の鳥ということで見に来られるのもいいが、長く滞在するでしょうからお近くの
ハジロカイツブリが見られる場所でじっくり混じっていないか観察してみてほしい。

grebe-Comparison
ハジロカイツブリとミミカイツブリ 12月9日 ミミカイツブリはB個体
違いはいろいろありますが、顔の白黒がくっきりと目の高さで分かれて見えるのが
ミミカイツブリです。嘴の形状や先端の鋭さ、頭部形状も違いますし、前頸の黒さも
異なります。

auritus-a
ミミカイツブリA個体 第1回冬羽 内湾部

auritus-b
ミミカイツブリB個体 成鳥冬羽 河口付近

A個体は第1回冬羽の若い個体と推定していたが、下に示す水上滑走画像により
その事実が裏付けられた。

hgrebe-a-upperwing
成鳥には小雨覆にも白色部があるが、幼鳥にはほぼ次列風切のみが白い。
ハジロカイツブリでは初列風切の中ほどまで白色部が及ぶが、ミミではほぼ次列風切のみ。
第1回冬羽で徐々に小雨覆の白色部が明瞭化すると思われ、画像でもやや白い。
また、ハジロカイツブリでは成鳥であっても小雨覆の白色部は見られない。

auritus-a-feeding
浮上してしばらく小魚の飲み込みを行うA個体

auritus-a-leaptodive
入水直前のA個体
足の水かきの角度は潜水ガモの尾羽が水面を後方に押さえつけるのと同角度
このような事実からカイツブリ類は後方に長く伸びた足が水中の推進力及び
飛翔時の尾羽の役割を兼ねていることが明らかだと思われる。

これ以外にカイツブリ類は冬季でも夏羽を残した個体がしばしば観察される。
都市部で生活するようになった野鳥では本来の繁殖シーズンを外れて繁殖する
事例が少なくない。繁殖時の羽衣つまり夏羽は、このような現実から考えると
夏季のみにに見られるのではなく、繁殖のタイミングと密接な関係にあり、
夏の羽を想起する夏羽という表現は誤解されやすい。
事実サギやウの夏羽は夏より冬に近い春に纏われることが多いので、ほぼ冬羽
へと移行したサギの羽を見て幼鳥と判断されてしまった事例が少なくない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する