をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雄化ヒドリと第1回繁殖羽

カモ図鑑がもたらした新情報は雌の繁殖羽・非繁殖羽、多様な雑種、雄化
それにアメリカヒドリとヒドリガモ、アメリカコガモとコガモの識別といった多くの
オリジナル情報を含んでいるため、価値があると同時に頭が混乱する内容も
存在する。

一昨日に観察したヒドリガモの高度雄化雌の外観から思うところを・・・。

wigeon-intersex
ヒドリガモ雌成鳥 堺市美原区  慣れないと雄だと勘違いする高度雄化個体
intersex(hyper masculinized) Eurasian Wigeon , adult female breeding

これまでにもヒドリガモの雄化について多く記事を書いてきた。
ただし、雄化の原因やどのような雄化個体についても検出できるかについては
不明な部分が多いとして書いてきたつもり。
今回のカモ図鑑の雄化個体写真のページにも唯一雄幼鳥の写真が掲載され、
雄幼鳥と雄化雌では似た外観となることがあり、最終的に雄幼鳥と判断したと
されるヒドリガモの写真です。私には早い段階で雄化を発現した雌に見えるが
断定的なことは言えない。極めて誤りが少なく、キャプションの誤りも写真説明
ページのアカハシハジロ欄最初の雄繁殖羽が♀生殖羽となっていることぐらい。

wigeon-comparison
一般的な雄成鳥繁殖羽(上)と今回観察した雄化雌(下)
顕著な横斑が上尾筒、肩羽中央、脇後方喫水線付近、上背から前胸に認められ
明らかな黒斑が頭部、前胸を覆う。小・中雨覆と嘴の色・形は雌雄中間タイプ。
体羽の波状斑は微細で単色に見える雄成鳥のものより粗い雄幼鳥タイプ。この
波状斑の線の太さはコガモとアメリカコガモほどの違いだが、近接観察では顕著。

wigeon-upperwing
飛び立つ雄化雌 小・中雨覆は雄第1回繁殖羽に似るが、雌雄中間タイプ

intersex-bill
この角度で見ると嘴は雌ほど暗色ではないが雌タイプ、上背から胸及び肩羽の横斑、
頭部に散在する黒斑がよくわかる

intersex-belly
上背から後頸、脇羽後方下部の太い横斑と頭部の黒斑がよく見える

intersex-breast
前胸にも横斑が変化した黒斑が顕著であることがよくわかる

intersex-symptom2
別雌の初期雄化と思われる個体。 肩羽の斑の出方が共通している。
雄化の進行とともに肩羽の斑が増加、脇羽の粗い横斑が顕在化してくる。

intersex-symptom1
この雌も上背や外側肩羽に波状斑が見られ、側胸に粗い横斑がある
ただ、このようなごく些細な変化まで含めると雄化の境界線はどこ?といった
疑問が湧き出すのも事実。 続きで雄第1回繁殖羽のバリエーションを

wigeon-formative
ヒドリガモ雄第1回繁殖羽への移行後半の一例

wigeon-formative2
ヒドリガモ雄第1回繁殖羽への移行後半の一例、その2
脇羽上段と外側肩羽に旧羽が残るが、脇に見える雨覆はかなり白い

wigeon-formative3
ヒドリガモ雄第1回繁殖羽への移行後半の一例、その3
更に雨覆が白く、一見成鳥に見える個体。ヒドリガモでもアメリカヒドリでも
このような雨覆がかなり白い個体が少数ながら見られるので、他の部分も
合わせて観察する必要がある。
ただ、雄化したヒドリガモ特有の粗い横斑や頭部周辺の黒斑は多くない。

formative-upperwing
上に示す個体の翼上面。成鳥のものに近いが同時に第1回繁殖羽の雨覆でもある。
翼鏡の光沢、頭頂クリーム色部分の不明瞭さ、初列及び尾羽の先端形状は幼鳥。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。