をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1羽やないネン

年末から気になっていた池のシギチを3日連続で観察した。
池の水はすっかり干上がって、カワチブナの水揚げも終わっている。
気になっていたのはハジロコチドリの換羽進行状況と複数羽いるらしいヨロネン。
やっと付近のオシドリ、シギチの観察が終わったら今度はパソコンの作動不良。
母の具合に加え自身の健康状態悪化・・・いいことなしの年末年始からやっと
復調の兆しが見えてきたと思っていたら・・・パソコンの電源が反応しない。
少し前から何度か電源ボタンを押さないと立ち上がらなくなっていて、昨日画像
データをすべて外付けディスクにバックアップした直後、完全に立ち上がらなくなり
夜勤明けの今朝からパソコン内部の点検、結果CPUクーリングファンの冷却フィン
に大量の埃が絡まってファンが停止寸前。冷却ファンを取り外して掃除機をかけて
元に戻し電源ボタンを押したら無事作動しました。普段通気口周りしか見ていない
自分の安直さに反省することしきり。

3stints-plover
池底に少し残った水溜りに来るヨーロッパトウネン3個体とシロチドリ 1月20日

3stints
上記画像個体の飛び立ち直後の画像

A-upperwing
上の画像一番左個体のクローズアップ (A)

B-upperwing
上の画像中央の個体、クローズアップ (B)

C-uppewing
上の画像右の個体、クローズアップ (C)

Dstint
D個体、1月21日

BandC-stints
左(B)、右(C)個体 1月20日

BandC-stint2
左(C)、右(B)個体とハマシギ 1月21日

BandC-stints3
左(B)、右(C)個体 1月21日

B-back
B個体は頭部の副眉斑とともに背のV模様が鮮明

C-back
C個体の背にはV字状の模様はほぼ見えない

尾羽からの初列風切先端の後方突出、雨覆、三列風切、尾羽の軸斑の濃さ、脚の長さ等より
上記3個体は全てヨーロッパトウネンと考えて矛盾しない。
また敢えて言うならばA個体は成鳥オス、B個体は第1回冬羽オス、C個体は第1回冬羽メス、
D個体は成鳥メスの可能性がある。

rabbit
付近のオシドリ池の隣にあるミカン畑で見たノウサギ。冬毛でも茶色く白くならない。

greenfinch
干上がった池底にチドリ類やセキレイとともに彩どりを添えるカワラヒワ
大半は冬鳥として飛来する亜種オオカワラヒワ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。