をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

泉大津大橋より

カモやカモメの季節は最終盤となり、市街地付近では一部のコガモを残して姿が見られなくなった。
しかし河口から海岸付近には依然としてかなりの数のカモが滞在、シマアジも通過を終え、残るは
カルガモの繁殖、家禽系マガモがよく目にするカモとなる。過去5月ごろに観察が多いナンキンオシ
ぐらいは運が良ければ遭遇の機会があるかも。

この時期恒例の大阪湾の蜃気楼。大阪湾の蜃気楼の特徴はこれまでの観察から比較的高さのある
構造物で観察されることより遠距離型あるいは厚逆転層とでも呼べるものかも知れない。
それはある程度高所、つまりは橋上、ビル高層階、高架鉄道より観察される機会も多く視点位置に
よる影響の出やすい蜃気楼像とはやや異なる印象がある。魚津や琵琶湖の蜃気楼より広範囲に
分布する逆転層により観察者自身が逆転層内部より観察する機会が多く(当然のことながら密度の
異なる物質を透過した光でないと屈折しない=同一逆転層内から観察した光景は変形しない)遠景
に観察できる現象であると共に上位蜃気楼に気づきにくい要因となっているのかも知れない。

akashi-brg
4月26日午後5時頃に泉大津大橋上より撮影した明石海峡大橋

akashi-closeup
上画像の一部拡大
1、明石海峡大橋淡路島側、岩屋付近の島影に角状突起が見られる
2、明石海峡大橋淡路島側メインロープ裾に逆転層境界に沿う変形
3、明石海峡大橋橋桁中央部が逆転層上縁方向に延びて厚くなり、境界部に虚像が出現

tower-town
明石方向市街地の拡大画像
逆転層に沿って等高の建物群が見えるがこれは蜃気楼によるタワーリング現象
重機が見えているのはお隣の汐見にあるフェニックス泉大津処分場

この先の人工干潟ではこのところキリアイ、ヨーロッパトウネン等が観察されている。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

つぶさんへ

いえいえ、気になっているトウネンを見てもらっているうちにサルハマが飛去したようで、申し訳ないことをしました。
昨日は入れ違いで干潟を訪問したようで、人も鳥もどんどん減っていって3時半頃にはチュウシャクシギさえほとんどいなくなりました。今日の雨がやんだ時に新たなシギが入るのを期待しています。

Shin's | URL | 2016年05月09日(Mon)10:24 [EDIT]


こんばんは

昨日は(いつもですが)、色々教えてもらってありがとうございました
それとブログに足跡付いてました
こちらも見てもらってありがとうございました

今日行ったらサルもウズラもいなくって、しかもハヤブサ襲来・・
しばらく干潟が淋しくなるかもですね(T-T)

つぶ | URL | 2016年05月08日(Sun)18:26 [EDIT]