をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

アメリカヒドリ

前回記事のつづきで取り上げたアメリカヒドリはその後の観察で雌幼鳥と判明。
識別点はすべてクリアしているものの、過去に観察した雌よりやや頭部色調が
褐色味を帯びる(光線状態により)。 
22日土曜日は早朝に起床、中百舌鳥駅から大阪市営地下鉄で鶴見緑地に
向かうため、途中のマイフィールドの池に寄り道して1分ほどで撮影、その場を
後にしたので十分に観察できていなかった。

american-wigeon-f-juv-side
アメリカヒドリ雌幼鳥 前記事中幼鳥っぽいと書いたが、まさに幼鳥でした
10月29日

american-wigeon-f-juv
前記事では両翼のびの画像でしたが、はばたき時の翼パターン
10月29日 10月号の雑誌BirderでS君が記事を書いているというのに・・・

昨日29日は第3回大阪城カモ調査の日。前回の第2回で知らずに集合時刻が
変更になっていたので、念のためバードリサーチに集合時刻を確認。9時半との
ことでしたので9時10分に集合場所へ25分頃高槻から2名の参加者が合流。
集合時刻になってもリーダーは現れず。結局高槻の2名は濠の観察へと向かい
私は10時まで集合場所に居残ることにして、その後先の2名と合流、青屋門で
別れました。その後外濠を反時計回りに観察していくと大手門を過ぎた南外濠で
リーダーと他の参加者に出合う。9時に集合スタートしたとのこと。 「えっ!」と
思わず声が出てしまった。
カモ調査をいかにして進め、結果はどのように報告されているのかその内容は
元より組織としての運営体制に疑問が残る第3回調査でした。 実は2008年に
大阪府のガンカモ調査に参加した際、その冬大量飛来していたケアシノスリを
撮影するために調査に参加した、鳥が嫌がる距離まで近づき鳥を飛ばしたと他の
調査参加者からネット上で大バッシングされたことがあり、以後カモ調査参加に
嫌気がさしていただけに、今回のことは残念としか言いようがないです。
集合時刻確認の返信で雌雄のカウント数がリーダーと違うようなので総数だけを
カウントするようにとの返答をもらいましたが、私はリーダーに指示された種の数を
単にカウント報告したのみで、総数を聞かされたことも、どのような基準でカウント
するのかと指示されたこともなければ、不満をぶつけたこともありません。
これまでにカモカウントに同行してヨシガモ、アメリカヒドリがカウント漏れしやすい
とは感じていますが、総数や羽数を報告するのはあくまでリーダー判断です。
私のフィールドのある場所をカウントしている方の報告は私の10数羽に対して
0羽が2週間続きました。カウント報告はあくまで調査報告者が決めるもので、
図鑑の写真が間違っていると著者の信頼を損ねるのと同様でしょう。
調査はどうあれ、集合時刻の変更や開催の可否ぐらいは一元的に管理・周知
する体制は必要だと思います。

では当日特に気になったことは飛来の遅れていたオカヨシガモが東外濠に4羽、
ヨシガモ3羽ヒドリガモと併せて92羽確認。うち1羽はアメリカヒドリ雄幼鳥と
判断できる個体。 また西外濠には第1回解散後確認したマガモが6羽。他に
アメリカヒドリ雄幼鳥の半ば繁殖羽へと移行した個体、雌成鳥等3羽程度が
アメリカヒドリと外観上推定される状況であった。当日の最大羽数はこの西外濠
における総数226羽。ハシビロガモ、ヨシガモ、カルガモを含む。
american-wigeons
西外濠のアメリカヒドリ雄幼鳥(手前)と雌成鳥(奥) 更に奥の2羽はヒドリガモ雄成鳥

american-wigeon-hybrid
ヒドリガモ雄成鳥の間にいるヒドリガモ×アメリカヒドリ雑種雄成鳥繁殖羽
このような雑種は結構観察された

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する