をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アカハジロ 2.5羽

現在大阪府内には少なくとも2,5羽のアカハジロ雄成鳥がいる。

最初は市民プールでねぐらをとる5シーズン目のアカハジロ雄成鳥。
現在の羽衣はエクリプスからやや繁殖羽に移行した状態で頭部の緑色金属光沢が
鮮やかになるのは年末から年明け頃。
bp-pool-1019
10月19日 大阪市 嘴先端黒色部はほぼ嘴爪に限定され脇の白色食い込みは
後胸部で肩羽直下に達する

bp-pool-wingflap-1019
10月19日 大阪市 翼の白帯はスズガモ属がハジロガモ属とも呼ばれた通り
このアカハジロやメジロガモのように全体がほぼ白いものやホシハジロのように
灰色味が強いもの、初列部分のみが灰色がかるもの等種により異なる。

bp-eyeswash-1019
あ、目ぇ洗うの忘れた・・・・おれもや!カルガモ雄が呟く、カルガモ雌はそんなん常識やん
なんとなくそんな会話が聞こえてきそう なぜかプールサイドに電動チップソー

次に当初はアカハジロ×メジロガモを疑ったアカハジロ
エクリプス羽ではアカハジロ寄りのこの雑種とアカハジロの雄を見分けるのは困難
bp-feeding-youngseed
背後に見えるのは水面上に葉が浮かんでいた時期のオニビシ 10月27日堺市
ヒシの葉が沈んだあとオニビシの葉は約ひと月遅れで沈む。尖った突起の数も異なる
植物体が水面にある時期の実のため黄緑色で柔らかいため嚥下はスムーズ

bo-lside-1027
こちら側の脇の白色食い込みは場合によって食い込みが少なく、頭部・嘴もメジロガモ的

bp-rside-1027
この日の観察まではメジロガモの影響があるように感じていた

bp-billtip-1027
嘴先端黒色部はプールのアカハジロと同等レベル

bp-wingflap-1027
翼帯の白色度もプールのアカハジロ並み

bp-feeding-seed-1111
沈んで褐色となったオニビシの実を嘴で丸めながら長時間かけて嚥下する 11月11日

bp-1126
同一個体11月26日の様子

bp-1126-closeup
もう一点 同日の様子 頭部全体が緑色光沢を放つ気配のため昨年の和泉市個体とは別
アカハジロとしてよさそう

最後に大阪城で先日見つかった個体 10月中旬に大阪南部で一日のみ観察された個体のよう
10月中旬の画像でも今回実際に見た印象でもアカハジロとホシハジロ雑種のアカハジロ寄りの
雄成鳥個体と考えられるもののホシハジロ要素がとても弱く感じられる。虹彩色や翼帯が雑種の
色とは思えないレベルである一方、嘴爪黒色部はやや広く、背や脇に波状斑が見られる。
bp-cross-1125
11月25日 大阪城北濠

bp-cross-billtip
嘴爪黒色部はやや広いがアカハジロ父とホシハジロ母を親とする雑種と考えられる
雑種がアカハジロ雌と戻し交配したと考えても良さそうな外観

bp-cross-osakajo-1125
背や脇の色彩はホシハジロの灰色波状斑の影響を受けてやや明るい

bp-cross-wingflap-1125
翼帯の白色度も高く、虹彩色同様アカハジロ純粋雄並み

bp-cross-yellowsurface1126
イチョウの黄葉が映り込む水面で盛んにドングリを潜水採餌

cross-bp-f-1125
11月26日 鶴見緑地 アカハジロ母とホシハジロ父を親にもつと推定される(上の雄と逆パターン)
雑種雌成鳥

bp-cross-female-f -1125
嘴先端黒色部は極めて広くホシハジロの影響が大きい、脇の波状斑も年々明瞭化する

bp-cross-f-injjured-1125
ご覧の通り嘴基部上部に出血受傷痕、オオバンとパンを争い受けたものか?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。