をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大和川12月17日

先日12月17日、川での観察でコガモ雄化を見つけた日に再会があった。
過日のアメリカセグロカモメか否かは不明だが、一見して黒っぽくべたっとした
幼鳥が目に入った。

american-flying
上空を舞うアメリカセグロカモメ幼羽~第1回冬羽移行中

american-fly
飛び立つアメリカセグロカモメ

american-tail
尾羽は尾筒を取り巻くように基部までほぼ黒い

american-upperwing
初列風切内側のウィンドーも翼の展開状態によって明瞭に見える

fly-vega-american
前を飛ぶセグロカモメの外側尾羽基部が斑紋状であるのに、アメリカセグロカモメでは全体が
ほぼ黒い。オオセグロカモメではここまで黒くなく体型・初列の突出が異なる。
また、初列風切の内弁・外弁の濃淡差が大きくスリット状の風切に見えるのもオオセグロの特徴。

3-1w-gulls
3種並んだ第1回冬羽移行中の幼鳥たち

vega-american
前がセグロカモメ、後ろがアメリカセグロカモメ幼鳥

siro-ooseguro
オオセグロカモメの淡色タイプや春の褪色・摩耗個体はシロカモメやワシカモメに似る
但し嘴のパターンや他の要素が異なる

siro-america
シロカモメと並んだアメリカセグロカモメ。肩羽には幼羽の鱗模様が残存している。

siro-fly
シロカモメ寄りの雑種では嘴の黒とピンクがくっきりと2分しない。この幼鳥は問題ない。
最近琵琶湖で滋賀県初記録というシロカモメ第1回冬羽個体が観察された。この個体で
ある可能性もあったが、この個体は25日の日曜日にも確認されており大阪湾南部個体と
同一ではあっても、滋賀個体とは異なると考えるのが無難なようだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。