をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

大和川のイカルチドリ

昨日のカモメ観察帰途に見かけたイカルチドリ
これまで最も下流で観察したのは河口からの距離標5.6km地点、JR浅香駅付近
ところが、今回は一気に2kmほど下った阪堺線鉄橋と南海本線鉄橋の中間点。

long-billed-ymt1
イカルチドリA 大和川砂州

long-billed-ymt2
イカルチドリB 大和川砂州
昨日は3羽見かけた。つい一ヶ月ほど前30羽ほどのシロチドリの群れを観察した場所

淀川上流部、木津川ではチドリ3種が繁殖した場所があり、山岸氏らが2007年熊本鳥学会
大会で発表した「河川物理がもたらす砂州の砂礫分布から見たチドリ類3種の共存機構」に
あるように営巣に適した砂礫があれば、同所的繁殖も可能なイカルチドリ。、
河口特に海岸付近でイカルチドリが繁殖する例は泉南市・阪南市境に河口をもつ男里川等山地
から海岸への距離が短く、河口砂州と砂礫の混在した南部河川では見られるものの、大和川や
淀川では河口付近での観察例は越冬期においても見られない。一般に礫質環境を好むと考え
られているイカルチドリだが、水の抜かれた冬季のため池においては泥濘地でも普通に観察され
2年連続で観察されている岸和田市久米田池のハジロコチドリのそばにはいつもイカルチドリが
見られる。それほど珍しいわけでもないシロチドリの遡上とイカルチドリの河口進出は今後も動向
を見守りたい。

red-br-merganser-castle
この冬はウミアイサが大和川の河口よりかなり上流域、あるいは淡水域でよく観察されている。
スズガモ等の海ガモが時折内陸の淡水域で観察されるのは、寄生虫、傷病、体力低下等で
荒い波に耐えて採餌しなければならない環境を避けているのかも知れないが、実のところは
どうなんでしょう? 大和川を遡上してきたオオハムが落鳥した例が最近ありましたから。

画像は大阪城東外濠、1月17日撮影のウミアイサ雄成鳥繁殖羽 昨年12月29日には
我がフィールドの履中陵でも雄幼鳥が記録されている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する