をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雛連れの流星号

一昨年に夏季の滞在場所が判明し、雄化を疑っていた流星号
昨年夏には8月中に翼羽を非繁殖羽へと換羽したことを確認、雌カルガモの成鳥
繁殖羽としては比較的早期に換羽したことが確認できていた。
その際上尾筒の黒味、肩羽の羽縁淡色度、虹彩の暗色傾向から、今年も同じ様な
換羽様式で特に変わったことが起きなければ、雄化と判断していいと考えていた。

 ところが・・・である。その気になっていた異変がこの春に確認できたのです。
ryusei-with-chickA627
6月27日 堺市堺区大和川支流合流点にて

ryusei-with-chickB627
同日、同所 シンクロして羽繕いする流星号親子

流星号の5月から11月頃の滞在地付近でよくカワセミ観察をしているN氏のブログ
に画像が掲載されていて気付いた流星号とその雛、これで繁殖可能な雌成鳥であると
判明しただけでなく、今季の外観はいたって雌繁殖羽らしい外観となっていて、従来の
春・夏外観はどうなってしまったのかという印象。 丈の伸びた砂州の雑草に隠れると
発見が難しく、この春からの観察頻度はかなり低下していたのでビックリ!でした。


ryusei723
本日7月23日の流星号

ryusei-son723
本日撮影の成長しほぼ全身幼羽となった雄幼鳥

ryusei-with-son723
本日の流星号親子

かつて雄化を解説した際に進行度によってはその進行が可逆的で外観の復元とともに
繁殖も可能であるとしたが、このカルガモ雌がその例なのか、単に私の誤判断だったか
については不明です。

【更新が滞った理由】
4か月もの間更新できなかった理由は複雑ですが、初期には母の錯誤が進行したこと、
そのような中で使用していたウィンドウズのOSであるVistaが更新サポート延長期間を
過ぎたことが最大の理由でした。 サポート切れOS仕様のパソコンはセキュリティー上
問題があるばかりか、不用意に使用し続けると他人に迷惑を及ぼす可能性が高くネット
接続を可能な限り制限していたため新規にパソコンを購入し回線も光プレミアム終了に
伴う光ネクストへと切り替えが完了するのに時間がかかった次第。ご心配をおかけした
皆様には申し訳ない限りです。
Win10になってブラウザソフトがEdgeへと変わり、プログラム更新に小一時間を要する
時があったりとダウングレードしたパソコン本体とともに不安要素はありますが、前回
Vistaへと更新した時のようなHDDエラーもなく、ネット閲覧も瞬速で使い勝手は上々。
光回線のイーサネットアダプターをしばしばリセットしないと回線が切断される不具合
はなんとも不便。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。