FC2ブログ

をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オオミヤスミレ(雑種)

前回紹介したすみれも今回のすみれも、現システムではただ写っている
それだけでしかないものだが、すみれの時期に過去ずいぶん探したが
見つけられなかった平凡種同士の雑種。それが今回紹介するすみれで
報告者が観察した埼玉県大宮市に因んで名づけられています。
現在はノジスミレ×スミレといったように種名併記の記載が一般的ですが
愛好家の多いすみれには雑種や変異品にも固有名があることが珍しくは
ありません。

【花粉親】ケナシノジスミレ
kafunoya
過去に観察した植物体に毛の無いノジスミレは海岸付近での観察が多く、
このノジスミレも半日陰の風通しのよい路地の海岸寄りアスファルト地面に
生育していたもの。近くのネットフェンス脇にはより典型的ノジスミレが多数
ビルの隙間にあった。 葉の鋸歯は明瞭でその縁は極端に波うち、うねる。
表面の光沢も強めの三角披針形。花は淡色気味でやや赤みがある。

【子房親】スミレ
sibouoya
海岸近くのネットフェンスで囲われた駐車場隅の向陽地に生育していた
どことなく変種ホコバスミレに似たスミレ。細花弁でやや赤みが強く、葉柄の
翼が明瞭で立ち上がる傾向の強い株。葉の鋸歯は目立たず、形状はへら形

oomiya-kabu
雑種 オオミヤスミレの株
傍らに置いた20年近く使用しているAF-VR80-400mmf5.6の縮長が18㎝程。
高さ30cm弱、横幅・奥行とも25㎝程度もある大株です。このように大株で
勢いのあることが認められるものを雑種強勢と言います。
両親種よりも大株で辺り一面に繁茂するこのような雑種強勢の生育特徴、
それに花後に種子をつけない雑種不稔等が雑種か否かの
判断根拠となるのですが、この株はどちらの特徴にも合致しているようでした。
葉の基部から先端までは大株のもので9cmから12cm葉柄基部から葉の
先端までは30cmほどで幅は3cmから4cmほぼ無毛で縁の鋸歯は明瞭
長披針形の立ち上がり傾向の強い葉が特徴でした。

oomiya-inv
オオミヤスミレ 生育状況
残念ながら花期最盛期はすでに過ぎていましたが、稔性確認も一部可能でした。
手前側がノジスミレ側、奥がスミレ側で花粉親に近い株が最も大株となっていた
のが印象的でした。

oomiya-fl1
前エントリーで紹介したノジスミレに近い淡色花。コンクリート壁とアスファルトの
隙間に半日陰状態で育っていました。花弁縁が波打つ傾向、正面からは柱頭が
見えにくい、側弁無毛(一部ややオトコノジスミレ的側弁有毛品あり)等ノジスミレ
外観の強いふっくらした花弁をもつ雑種で、花弁紫条の走り方はよくノジスミレに
似ていました。

oomiya-fl2
雑種 花単体

oomiya-fl-side
雑種 花側面
距の形状はノジスミレに近いものが多く、子房親のスミレほど花弁に近い色を
しているものは少なく、花弁よりやや淡色、花柄共に無毛。

私が過去に観察したスミレの関係した雑種として・・・
スミレ×ヒメスミレ・・・ヘイリンジスミレ
スミレ×アリアケスミレ・・・ハリマスミレ
スミレ×コスミレ・・・モチヅキスミレ
スミレ×ヒゴスミレ・・・スズキスミレ
スミレ×エイザンスミレ・・・エドスミレ
スミレ×サクラスミレ・・・アルガスミレ
スミレ×アケボノスミレ・・・タカミズスミレ
スミレ×シロスミレ・・・キリガミネスミレ
スミレ×フモトスミレ・・・コマガタケスミレ
スミレ×シハイスミレ・・・ホウフスミレ   等がありますが
個人的に強く印象に残っているのはたった一輪だけ陽が差し込む山地の
斜面に咲いていたエイザンスミレ×ヒナスミレ・・・オクタマスミレでした。

すみれに限らず生物の識別の話をしていると、識別点至上主義のような方が
たまにいて、野外識別のためのフィールドマークとJizzを混同しているうえに
Jizzは正確な識別の根拠の隠れ蓑のような発言をされる方がいるが、一度
すみれの識別を経験されるとJizzのもつ本来の意味がわかると思う。
その多彩な変異、花色の変化、地域内での特異的変化等雑種に由来するのか
環境適応に由来するのかその原因すらわからない種が普通に見られるので
種の特徴を箇条書きにしてそれをもって識別することの難しさがわかるはず。

mirage-kobe
神戸市垂水沖で見られた船影の上位蜃気楼(左側水平線の向こう)
よく真冬の風物詩として新聞等に載る浮島現象、あれは下位蜃気楼なので
注意していれば一年中観察できるありふれた現象で風物詩でもなんでもない。
強いて言えば冬の澄んだ風景でその光景が認識しやすいだけ。
この船影には逆転層上辺を始点に船の鏡像が実際の船影に重なっている。
                     以上神戸市にて4月10日撮影
現在今季最終の雑種ガモ観察を継続しているが、その渡去も間近です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。