FC2ブログ

をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Rオナガヒドリ雄第1回繁殖羽か

本日紹介する雑種ガモは今季観察したカモで最も最近のもの。
2015年秋から2016年春シーズンの春季にもオナガガモと
ヒドリガモの雑種は紹介したが、今回の雑種は幼鳥の雰囲気を
残しているもののどちらかと言うと、ヒドリガモ雄の影響を受けた
部分が色濃いので、ヒドリガモ雄とオナガガモ雌の組み合わせ
雑種の可能性がある。

wogeon-hybrid1
ヒドリガモ×オナガガモ 雑種雄 飛び立ち 4月13日 三重県

wigeon-hybrid2
翼鏡の緑色金属光沢部分は広く、ヒドリガモの緑色部分に匹敵する

wigeon-hybrid3
雨覆羽縁の濃淡はヒドリガモ第1回繁殖羽とよく似ている

wigeon-hybrid4
翼上面はヒドリガモ・オナガガモ両種の特徴が合成されてはいるが
雨覆の淡色部範囲はヒドリガモに近い、 また尾羽形状もヒドリガモ
寄りの傾向が強い

wigeon-hyb1
嘴のパターンはヒドリガモ型。嘴峰に黒色部がなく先端黒色は小さめ。
嘴形状はオナガガモのスレンダーで長い嘴の影響でヒドリガモより長い。

後方に見えるのはアオサノリ養殖のための海苔網と竹竿支柱。
ヒドリガモやヨシガモ、オナガガモはしばしばこの中で採餌、外敵防御を
しているのが見られる。

wigeon-hyb2
2015年秋~2016年春に観察された個体は昨年12月にもこの付近で
観察されているが、中央尾羽は著しく長く、顔の下半分が淡色に抜けて
いて頭部は横長長方形に角張って見える。 この個体の頭部は丸みが
強く、その意味ではヒドリガモに近い。肩羽形状・軸斑もヒドリ的。
※ この個体の腹部及び尾羽は鉄分により赤褐色に染まる、いわゆる
田渋が見られる。外部要素による着色なので、個体由来と混同しないこと。

wigeon-blackthroat
2018年2月27日 堺市 ヒドリガモ雄成鳥 腮から喉の黒い個体
以前にこのような個体について触れたが、ヒドリガモを父とする雑種
子孫の影響が強く疑われる。

【関連記事】
「トモエガモ雑種の真性と偽性」
「美白・シミ抜き」

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>Shin'sさんへ

了解しました。おっしゃる通り、関係のないコメントはしないようにいたします。

歩中 | URL | 2018年04月29日(Sun)19:16 [EDIT]


歩中さんへ

私がコメントした内容に関しては、その後もフォローしていますので歩中さんのブログに返信します。こちらに記事と関係のないコメントを頂くと、何も知らない方が記事を閲覧した際にややこしくなることがあるので、歩注さんのブログと私のブログへの2重投稿は不要です。また、気になったことはブログにコメントしますが、逐一すべての内容をチェックするものではありませんので、間違いだとわかっていても、コメントせず放置することもあります。

Shin's | URL | 2018年04月28日(Sat)21:44 [EDIT]


>Shin'sさんへ

Shin'sさんマガモのヒナのコメントありがとうございます。
いつも教えて頂いてばかりで申し訳ありませんが、一つ教えてください。
>過去に家禽マガモの影響を受けたマガモです。
とのことですが、それは先祖がアヒルやアイガモ系(そういう呼び名が有るのか分かりませんが)だった雑種という事でしょうか?。
教えてください、よろしくお願いします。

歩中 | URL | 2018年04月27日(Fri)21:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。