をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニッチなすみれ

すみれに関しては昨年より随分と開花が早い印象はないが・・・
近くの山麓にすみれの開花状況を見にでかけた。

ノジスミレ
ノジスミレ、3月中旬河内長野市
人家近くのアスファルト道路の隙間で咲いていた。
多くは左側の花のように白っぽいものだった。

タチツボスミレ
タチツボスミレ、3月中旬河内長野市
斜面ブロックの隙間で薄い色の花を咲かせていた。


アオイスミレ
アオイスミレ、3月中旬河内長野市
そろそろと思って探してみるもなかなか見つからない早春のすみれ。
もっと標高の高い場所の日当たりのいい場所のものの方が早い。
かろうじてブロックの隙間に一輪ぶら下がって咲きかけていた。


スミレ
スミレ、自宅近く3月初旬
【スミレ/V.mandshurica ウィオラ・マンシュリカ】菫 無茎種
市街地で咲く濃紫のすみれの代表にして、日本のすみれ全体をも代表する
すみれ。学名は満州に由来するが、英語式発音ですみれ科の他の花と区別
する意味で多くの人たちがマンジュリカと呼ぶ。すみれの総称として種名
のスミレと重複することを避けたいためなのだが、私自身はひらがな表記
で総称としてのすみれ科植物を、カタカナ表記で種名をと分けている。

田のあぜなどに咲く姿が本来的なものだろうが、市街地の道路の隙間や
空き地に運び込まれた土砂から発芽し大群生することも・・・。
海抜高度・乾燥の有無に関係なく広い範囲に分布し、変種・品種が多い。

スミレ1

電柱の根元に咲く。


スミレ2

ネットフェンス下の道路とコンクリートの隙間で咲く。

このとき撮影しているのを見た誰かが持ち去ったのか、敷地所有者が草引き
をしたのか?翌日通りかかったときには10数株あったスミレはたったの2株
だけになっていた。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。