をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

咲き出したシハイスミレ

桜もカンヒザクラ、カワズザクラ、オオシマザクラと咲き進み
一部のソメイヨシノは五分咲きを過ぎた。
当然すみれも堰を切ったように開花しはじめ、平地にせり出した
丘陵地の南面からシハイスミレも咲き出した。

側弁有毛品
シハイスミレ側弁有毛品
【シハイスミレ/V.violacea ウィオラ・ウィオラケア】紫背菫 無茎種 
よくすみれに興味を抱きはじめた方が葉裏をひっくり返して、「裏が紫だから!」
と言ってシハイスミレは簡単に見分けられるとおっしゃるが、果たしてすみれ
はそうは簡単にいかない。ほとんどのすみれの葉裏は紫を帯びることが多く、
シハイスミレでも葉裏が緑のものも見られるからなのです。
また一般に側弁無毛、葉には毛がないとされるが、画像のように有毛の花も
少なくなく他のすみれのように「ヒゲシハイ」や「オトコシハイ」などと呼ぶ
こともない。ただこれらの特徴はフモトスミレやヒナスミレとの関係を考える
と興味深いものがある。堺市周辺では南部に多く、せり出した丘陵地では田畑
に隣接した土手、斜面、竹林境界付近などでも目にする。

コンピラスミレ
コンピラスミレ
この株は開花するや虫食いだらけになったので、つぼみ時点のもの。
他のシハイスミレと同時期に花をつけたコンピラスミレ(f.pictifolia)。
葉脈(主脈のみ)に沿って白斑の入るものをこう呼ぶことがある


和泉市のシハイスミレ
和泉市のシハイスミレ


富田林市のシハイスミレ1
富田林市のシハイスミレ1
唇弁が紫条のみで白いツートンの花
まだ4画像あります。

富田林市のシハイスミレ2
富田林市のシハイスミレ2
やや細い花弁で中央が白くなったもの

富田林市のシハイスミレ3
富田林市のシハイスミレ3
花弁全体が均一に赤紫色のもの

富田林市のシハイスミレ4
富田林市のシハイスミレ4
上と同じ花色のものが背後から光を受けたもの

富田林市のシハイスミレ5
富田林市のシハイスミレ5
やや淡色のもの、花だけが枯葉から顔を出す

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。