をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒメミヤマスミレとトウカイスミレ

フモトスミレの亜種とされるヒメミヤマスミレにはいくつかの
特徴の違うグループがある。
牧野氏が採品した高知県横倉山産のものが典型とされるが高隈型、
東海型が存在し、「増補改訂 日本のスミレ」でいがり氏はこの
類型を一歩すすめて別種トウカイスミレとして取り上げた。
いがり氏の取り上げた和名トウカイスミレと学名V.tokaiensisは
正式記載されていない裸名ではあるが、トウカイスミレが浸透しつつ
あることは当然のなりゆきのように思える。

まずは両者がどう違うか・・・
小型の無茎種であること以外、全くの別物だ!別種として扱われる
べきすみれであると個人的にも同意する。
浜氏の「写真集 日本のすみれ」でヒメミヤマスミレの自生地と
して紹介されている奈良の苔むした山へ観察にでかけた。

花色はヒメミヤマがタマゴ色を帯びた乳白色、一方トウカイは淡紫色。
植物体そのものの印象が油彩画で描かれたヒメミヤマ、透明水彩で描
かれたトウカイといった見た目の繊細さの時点ですでに違う。
花正面比較
トウカイ和歌山県産は側弁散毛タイプ
花弁の地色以外に側弁の毛の状態、唇弁の大きさ、花柱上部の形状等
多くの部分で異なるため、すみれを見慣れたひとなら花を見ただけで
識別できるほどの違いがある。


花側面
花側面
ヒメミヤマの萼片はシハイ・フモト系同様豹柄の赤紫色、トウカイは
緑色萼片のものが大半のようだ。ただこの辺りは個体差がある上に、
いがり氏が図鑑で記しているような萼片付属体の歯牙は紀伊半島産の
トウカイには明瞭でないものが多い。この画像では上弁に隠れている。


両者の葉
両者の葉
画像上側がヒメミヤマスミレ、下側がトウカイスミレ。
トウカイスミレの葉は常に明るい目の緑色、表裏に粗い毛が多数ある。
やや縦長の卵形の葉をもつヒメミヤマスミレは濃い緑色で毛はなく、
フモトスミレのように部分的に毛をもつものもない。ただ葉裏の紫色
に関してはマチマチで一般的には紫色を帯びないもののフモトスミレ
を含めてどこからがフモトでどこからがヒメミヤマであるかの線引き
は難題と思われる。葉形、質感共にヒメミヤマの名は小型のミヤマスミレ
に由来していると考えるのが妥当。・・・とするとトウカイ・ヒメミヤマ
共に旧東海型ヒメミヤマスミレに与えられた呼称でシハイ・フモト系
の横倉型はどう呼べばいいのか? ソノタフモト、、、冗談ですが・・・。
実は浜氏の「写真集 日本のすみれ」で、(以下一部引用)
写真のようないろいろなタイプのこれらのすみれを、どう取り扱うかは
議論の分れるところであるが、これらのそれぞれのタイプのものに、
異なった名前を与えるのも細分化しすぎると思われる。いろいろな変異
型がヒメミヤマスミレにはあるとしておいた方が無難であろう。
と書かれている。つまりは敢えて分けなかったようで何物か得体の知れ
ない一群をヒメミヤマとしたフシがあるのでソノタフモトは的を射た
表現かも知れない。
なお、写真集でヒメミヤマとして掲載されているa~kの写真のうちで
トウカイに該当するものはe奈良、g静岡、i神奈川、j岐阜であると判断。

混生エリアのトウカイスミレ
混生エリアのトウカイスミレ
花の上下2枚がトウカイスミレのもの、右側はヒメミヤマの葉。
標高1600m付近からヒメミヤマ・トウカイの混生が見られた。
ただ花期はトウカイが10日ほど早いようで、咲き残りとヒメミヤマの
咲きかけが同時に少数観察された程度。

混生地のヒメミヤマスミレ1
混生地のヒメミヤマスミレ
右下の葉はトウカイスミレ。


混生地のヒメミヤマスミレ2
混生地のヒメミヤマスミレ
花に近い明るい緑の葉はトウカイスミレのもの。
このように一見同一の株についているかの様に見えることがあることも、
このすみれが同一種であると判断された理由の一つかも知れない。

それぞれのトウカイスミレに続きます。

和歌山1300m付近のトウカイスミレ
和歌山1300m付近のトウカイスミレ、2006年5月中旬
このくらいなら側弁有毛と呼べるような・・・。


奈良1350m付近のトウカイスミレ
奈良1350m付近のトウカイスミレ、2007年5月初旬
コミヤマカタバミとともに。


奈良1400m付近のトウカイスミレ
奈良1400m付近のトウカイスミレ、2007年5月初旬


奈良1600m付近のトウカイスミレ
奈良1600m付近のトウカイスミレ、2007年5月中旬


トウカイスミレのサイズ
トウカイスミレのサイズ
こんなにちっちゃなすみれです。ニョイスミレに負けるサイズのものも。


シロバナトウカイスミレ
シロバナトウカイスミレ
5月初旬奈良1400m付近で見つけたシロバナトウカイスミレ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。